キビレ釣り

シーバス釣りは難しい。
4月以降何度もボーズを食らっている。
釣行の半分、いや、半分以上はボーズだ。

シーバスで蓄積したフラストレーションを払拭すべくキビレ釣りをしてみた。
a0144743_10214293.jpg
a0144743_10244461.jpg
a0144743_10245417.jpg
a0144743_10250455.jpg
a0144743_10251550.jpg
a0144743_10252582.jpg
こいつは海のブルーギル。
いくらでも釣れる(^^;)
35-40cm程度を10匹ほど釣って満足した。

チヌ釣りで1年以上ボーズになったことがない・・・などと言っても、こいつも含んでいるのはやっぱりダメかな。
純粋にチヌだけで考えると1/3くらいはボーズかも。
こいつも50cmを超えるくらいまで成長する魚だったらもっと面白いのに。





.














[PR]
# by wu-tarou | 2017-06-11 10:39 | チヌ釣り | Comments(0)

ダイワ モバイルパック 806TMS インプレ

ダイワ モバイルパック 806TMS を買ってみた。
a0144743_22431683.jpg
2.44mという長さでモバイル仕様の振出ロッド。
舞寸法は何と52cm。
ホンマに大丈夫か?というくらい小さくなる。
a0144743_22433966.jpg

a0144743_22435437.jpg
買ってから1か月ほど放置していたが、本日初めて使ってみた。
せっかくのモバイルロッドなので車ではなく電車で釣行。
大き目のデイパックならすべて入るので一見して釣り人には見えない(と思っている ^^;)
a0144743_22440728.jpg

a0144743_22442731.jpg
6時前にヒット。
今は7時半ごろまで明るいので、デイシーバスと言ってもいいくらいの明るさだ。
40cmくらいの小さなシーバスだった。
a0144743_22444067.jpg
6時半ごろにヒットしたチヌ。
跳ねずにぐんぐん引くので例のアイツかと思ったらチヌだった。
小さく見えたが、測ってみると46cmのまあまあサイズだった。
a0144743_22445046.jpg
2匹ともこいつで釣れた。
5個セットで売っていた中華製安物ルアー。
丁度これくらいの大きさのベイトがたくさん見えたので使ってみたが、アタリだったようだ。
安くても結構いい感じで釣れるので買い足しておこう。

a0144743_22445921.jpg
さて、モバイルパックのインプレだが・・・
一言で言うと「棒」みたいな竿(^^;)
あまりしならない。
仕舞寸法52cmの6本継ぎで、ルアーwt.7-35gだから仕方ない。


釣っても、投げても「棒」みたいな感触なのは確かだが、投げると意外によく飛ぶ。
というか、かなり飛ぶ。
ラテオの86MLと遜色ないくらい飛ぶ。
ガイドも超安物のくせに、意外と糸が絡まらない。
見た目は「もうちょっと何とかならんのか?」と思うが、性能は必要にして十分な感じ。
何も問題ない。


魚がかかってもあまりしならず、まるで「棒」(^^;)
しかしドラグを少しだけゆるめにセットしておけば大丈夫。

結論として「見た目の悪さ」「釣り味のなさ」は大いに感じるが、性能的には全く問題なくシーバスに使える。
全てのマイナスポイントを補って余りあるこの「コンパクト性能」はすばらしいの一言。
こいつがあれば、今までよりも気軽に釣りが楽しめそうだ。


<後日追記>
この竿、かなり気に入って使っている。
いや、ホント、釣行の半分くらいはこの竿で出撃するくらい気に入っている。
狙いはシーバスだが釣れるのは40~50cmのチヌばかり。

この竿を使いだしてから、ある意味「自動車」というものが釣りにおいて足枷になっている部分もあることに気が付いた。
駅で降りて、別の駅まで歩きながらランガン(テクガン?)しながら釣るスタイルはとても斬新で気軽。
新しい発見だ。

先日この竿に大きなエイが掛かったが何とか寄せることが出来た。
エイの引きは凄まじい。
6本継ぎの振り出し竿ということで強度に不安があったが、これならメーター級のスズキが掛かっても大丈夫だろう。
(掛かったことないし、掛かりそうになったこともないが.^^;)
もちろん引きに対して竿を鋭角に立てないようにする等、気を使っている。
参考まで。

<更に後日追記>
この竿ホンマにいい。
迷っておられたら、とにかく買って使って見ることをオススメする。
(私の場合は)この竿のおかげで世界が広がった。
最近では車で行く際も、現地で少し移動があるようならこの竿を使用したりする。
ファーストインプレッションで「棒みたい」と感じた曲がり具合も最近では気にならなくなってきた。
これに関しては性格の良いブスが美人に見えて来るのと同じ原理かと思うので、最初の感想を大事にしたい。

別件で、ガイドの間隔が、穂先側の方が広くて、手元側の方が狭いところが2ヵ所もあって、A型の自分としては受け入れがたい。
FUJiのKMガイドを使用して、ガイド設定を一からやり直す計画だが、いかんせん出番が多い竿なので、オフシーズンの冬の作業になるだろう。
そういうところはイマイチなので、多少値上がりしても良いからもう少しグレードをアップして「所有する喜び」を味わえるような竿にマイナーチェンジしてほしい。








.





[PR]
# by wu-tarou | 2017-06-09 23:18 | フィッシング | Comments(0)

ボラボラボラ

前回の釣果から2回連続でボーズだった。
今年のバチ抜けはどうも上手く行かない。

気持ちを切り替えてポイントを変えてみることにした。
大潮のせいか、魚の気配がムンムン。

a0144743_23060944.jpg
と、思ったらボラだった(涙)

a0144743_23080429.jpg
結構ゴンゴン当ってくるが、全部ボラ(^^;)
バチ用ルアーに来るってことはまだバチが抜けているのかな?
それならシーバスも来るのでは?
a0144743_23093280.jpg
なんて夢見たりもしたが、結局ボラばかり4匹で納竿。
それでも2連続でボーズだった自分にはボラさんの感触だけでも少し嬉しい。
貧すれば鈍する。志が低くなってしまったようだ。
次こそはシーバスを。





.





[PR]
# by wu-tarou | 2017-05-28 23:17 | フィッシング | Comments(2)

ボーダレスでバチ抜け

ここ数日、バチ抜けはボーダレス(380-MT)を使っている。
もともと磯竿なので穂先はとても柔らかい。
バチ抜け用の竿として「ソリッド穂先」なるものが出回っているが、それよりもずっと柔らかい。
そういう訳でバチ抜け狙いに向いているのではないかと思っていたが、使ってみると本当にピッタリだった。

この竿の弱点として「ルアーにアクションをつけられない」という点があるが、バチルアーは「タダ巻き」がセオリーなのでその点は全く問題にならない。

20gくらいまでのルアーなら飛距離はシーバスロッドに勝るとも劣らない。
柔らかい穂先が、小さなアタリをすべて拾ってくれる。
この竿で掛からないような小さなアタリはどんな竿でも掛からないだろう。
そして掛けたあとも、ドラグを心持ちゆるめに設定しておけば、エラ洗いでもなんでもバレる気がしない。
MLクラスのシーバスロッドの場合、フックサイズによっては針が伸びてしまう場合があるが、ボーダレスの場合は小さい針でも安心だ。
良い事ずくめのようだが、もちろん「取り回しが悪い」等デメリットも多くある竿だ。

a0144743_23540514.jpg
昨日釣れた67cm。
ルアーが障害物の際に差し掛かったとたん、水面を割ってドカンと来た。
ドラグをゆるめに設定していることもあり、ジージー出ていくドラグ音でとても興奮した。
これくらいのサイズが釣れれば大満足だ。



.

[PR]
# by wu-tarou | 2017-05-12 12:06 | フィッシング | Comments(0)

連休はカヌー

GWは古座川に。

a0144743_08463576.jpg

a0144743_08465920.jpg
a0144743_08473853.jpg

a0144743_08480380.jpg


a0144743_08481450.jpg
GWということもあり、今回は電車で行ってみたが何とも遠い。
新大阪から特急で片道3時間半。
やはり車の方がいい。

P.S.なじみの宿となじみのうなぎ屋は廃業していた。
とてもさみしい。







.








[PR]
# by wu-tarou | 2017-05-11 08:55 | カヤック | Comments(2)

なんだかなぁ


今年はやっぱりイマイチな感じ。
バチは確認出来たが、短いクルクルバチで、数も少ない。
なんだかなぁ・・・・
今週の大潮に望みを託したい(^^;)


本日の釣果。
40cmくらい(?)と

a0144743_22534440.jpg
50cmジャストの2匹だった。

a0144743_22534827.jpg
いずれもニョロニョロ10cmで釣れた。




.




[PR]
# by wu-tarou | 2017-05-07 22:56 | フィッシング | Comments(0)

まだなのか?

去年の今頃は結構釣れたような気がするが、今年はイマイチだ。
まだバチを一匹も確認できていない。

それでもバチ抜けを狙っている魚はいるようで、アタリは5~6回あった。
しかし本当に「アタリ」だけで、「コン」という衝撃が一瞬あるだけで、まったく針に乗らない。
今年のバチ抜けはまだなのか?
寒くて遅れているのなら構わないが、「今年は不発」というのだけはやめてほしいものだ(^^;)

ようやく1匹だけ掛けることができた。
57cmだった。
a0144743_06340400.jpg




.


[PR]
# by wu-tarou | 2017-05-03 06:35 | フィッシング | Comments(0)

やっと・・・

ようやく1匹上げることができた。
今期バチ抜け狙いは3度目の釣行だ。
1度目は4月の初旬、
2度目は25日。
今年は気温が低いせいか、スタートが遅いようだ。
2回ともボーズで凍えて帰って来た。


a0144743_08331510.jpg
そして3度目の昨日。

アタリは何度もあった。
4度掛けたがが、ほとんど取り入れの際にバレた。
上げられたのは40cmくらいの小さいヤツのみ。
こいつはマニックでヒットしたが、どちらかといえば水面下を泳ぐルアーの方が多くヒットした。
盛期はこれからの様だ。

a0144743_08332353.jpg
小さいやつだったが久ぶりに釣れたシーバスで大興奮。
しばらく楽しめそうだ。



.

[PR]
# by wu-tarou | 2017-04-29 08:37 | フィッシング | Comments(0)

イマイチ

なんか今年はイマイチだ。
a0144743_22261166.jpg
ほとんどアタリもなく、来たらこれ。
a0144743_22262427.jpg

乗っ込みはどうなったのか?(~_~;)






.


[PR]
# by wu-tarou | 2017-04-09 22:26 | チヌ釣り | Comments(0)

ついにヤツが復活・・・(^^;)

そろそろ来る頃だと思っていたが・・・
ついに復活。
a0144743_10225995.jpg
いや正直に言わせてもらうと、復活しなくて良いのだが・・・
a0144743_10232795.jpg
こいつが復活すると、こいつばかり釣れるのでチヌが釣れなくなる。

チヌよりガメツイので簡単に釣れる。
ほぼブルーギル級。
「チニング」なんて言葉があるが、そういう人が釣っているのはたいていこの「キビレ」
なら最初から「キビング」とか呼べばいいのに・・・と思う。
a0144743_10240720.jpg
まあ、なんも釣れない時に釣れると、
「キビレさんありがとう!!」とか言うのだけれど(^^;)

a0144743_10244863.jpg
今週は30cm~40cmくらいのキビレばかりの釣果だった。
a0144743_10285596.jpg
実はこの日、今まで見たこともないような超大物のチヌが掛かった。
水深2m以下の浅場で掛けたので、実物を目視したが、いつも釣れる「年無し」が小さく見えるような巨大なチヌだった。
いろいろあって逃がしてしまった訳だが、とりあえず記録のために残しておく。
どんな魚でも同じだが、大物が付くポイントは決まっている。
釣行ごとに探ればいつかまた掛かるかも(笑)




.




























[PR]
# by wu-tarou | 2017-04-02 10:43 | チヌ釣り | Comments(0)

土曜日

午前中に様子をみてきた。
そろそろ乗っ込みも近づいてきたようだ。
アタリは少ないが、それでも2時間半ほどで10回くらいはあった。
寒かったせいか、半分くらいが冬のアタリに逆戻りしていた。

1枚目47cm
a0144743_08340178.jpg
2枚目44cm

a0144743_08342032.jpg
3枚目37cm

a0144743_08343080.jpg
7-8回掛けたが、上げられたのは3匹のみだった。
人の狙わないような場所を攻めるので、ある意味仕方ない部分もあるが、とても残念。
キャッチ率を上げられたら釣果は一気に倍以上になるのだが、それは無理というものか(笑)





.







[PR]
# by wu-tarou | 2017-03-26 13:00 | チヌ釣り | Comments(4)

モンベルの長靴

もう10年ほど使っているモンベルのアウトドア用長靴。
a0144743_18152464.jpg
買った当時は雨の日や洗車の際に履く程度だったが、釣りに使いだしてからはかなりヘビーローテーションなアイテムになった。
磯場では滑るのでお勧め出来ないが、浜辺や船上デッキ等では十分活躍する。
(私は磯場でも無理やり使っている。笑)

10年近く使ってもゴムの劣化等もなく、ギリギリまで立ちこみしても水の侵入などしない。
a0144743_18153077.jpg

使い込むにつれ底が擦り減って薄くなってくるが、

a0144743_18154694.jpg

セメダインの「シューズドクター」で肉盛りして補修すれば復活する。
見た目はまるで「踏んだガム」がくっついているようでイマイチだが(笑)



a0144743_18160698.jpg
自分でメンテして長く使うと愛着も湧いてくる。
a0144743_18161327.jpg


釣具メーカーの派手なのものと違って落ち着いた色合いなのもポイントだ。
いろんな場面で使うことが出来る。
長く使えるオススメのアイテムだ。







.








[PR]
# by wu-tarou | 2017-03-23 12:17 | | Comments(0)

本日は2枚

ほぼ惰性で午前中だけ竿を振ってみた。
44cm
a0144743_23402580.jpg
肛門はまだ赤くなってないが、腹はふくれてきている。
もうすぐのっこみ。
a0144743_23403375.jpg
50cm 年無し
a0144743_23404569.jpg
アタリは結構あったのだが、合わせても手ごたえ無しの空振りばかり(^^;)
ドン臭い私は 実は冬の方が釣りやすいのだ(^^;)





.





[PR]
# by wu-tarou | 2017-03-18 23:47 | チヌ釣り | Comments(0)

カーポートの追加工事

以前作ったカーポート
6年が経過したが、「台風に耐えること」を基準に製作したので、今でも不具合はない。

しかし、制作した当時から気になる点があった。
それがここ。↓ 倉庫と屋根の隙間だ。
a0144743_22324248.jpg
風が強い雨の日はここから降りこんで車のリアハッチに雨がかかる。
屋根は車よりだいぶ長く設計したつもりだったが、高くしたのが仇となった。

屋根のある駐車場に車を停めると、ホコリが溜まりやすいのだが、そのホコリに雨がかかって車の後部だけドロドロに汚れる(^^;)
これを何とかしたかったのだが、面倒なので(6年も)放置していた。

a0144743_22330204.jpg
という訳で、ようやく重い腰をあげ、ここに追加で壁を作ってみた。



簡単な工事だが、2日ほどかかってしまった。
材料を余らせたくなかったので計算に時間を掛け過ぎたようだ(笑)

a0144743_22331006.jpg
これで雨がかからなくなったので今後安心だ。
とりあえず今回も「台風基準」で製作したので10年は大丈夫だろう。

a0144743_22332681.jpg
洗車をする回数が減らすことが出来てとても満足だ。





.












[PR]
# by wu-tarou | 2017-03-14 23:17 | 工作 | Comments(2)

BMW MINI アディショナルヘッドランプ 曇り取り

BMWミニのアディショナルヘッドランプ。
フォグランプではなくハイビーム時の補助ランプだ。

経年変化でガラスが曇って来たので綺麗にしてみた。
a0144743_16484209.jpg


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

最低限必要な工具
 4mmのヘックスレンチ
 T10サイズのトルクスレンチ(いじり止め付き)
 *トルクスレンチは通常のものと「いじり止め付き」のものがあるが、必ず「いじり止め付き」が必要。
 φ1mm程度の針金
 シリコンオフスプレー

あった方がよい工具
 ピンセット(ネジをつまみ出す)←なくても良い。
 ラチエットハンドルとエクステンションバー等
 


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

まずは取り外し。
4mmのヘックスレンチ(六角レンチ)で左右のネジを抜く。
かなり硬く締まっているので緩める際はボールポイントタイプのヘックスレンチは使ってはいけない。
a0144743_16554136.jpg
私の車は50周年バッチが邪魔で通常のヘックスレンチでは作業が難しかったので、首振り機能付きのエクステンションバーを使った。
これ(↓)がエクステンションバーをセットしたラチエットレンチ。
a0144743_16584390.jpg
(↓)左が「首振り機構付き」で右が「通常タイプ」のエクステンションバー
a0144743_17000626.jpg
首振り機構付きはこういう風(↓)に少し角度をつけた状態でも回すことが出来る。
a0144743_17012835.jpg
両側のボルトを外すとライトが取れる。
a0144743_17035803.jpg
取れたらライトを割る。
矢印のT10トルクスネジ(↓)を抜くと割れる。
(ここのトルクスネジは”いじり止め”ではない)
a0144743_17122423.jpg
ランプの上部に2か所、爪があるので(↓)少し固いが、ランプの下部からグイグイ開けばパカッと開く。
a0144743_17231358.jpg
開いたらゴムカバーを外して矢印のトルクスネジ(T10)を外すとバルブ(電球)が抜ける
(このトルクスネジは”いじり止め”タイプなので注意)
a0144743_17270829.jpg
外れたらこんな状態(↓)で放置(^^;)
ハイビームのスイッチが入ってない限り、短絡してもショートの危険はない。
バルブ(電球)には素手で触れない方が良いだろう。
a0144743_17372505.jpg
外したランプ(裏)
a0144743_17452913.jpg
外したランプ(表) 
ガラスが白く曇っている。
a0144743_17470128.jpg
太さ1mm程度の針金。
a0144743_17480337.jpg
私の場合は適当な長さで3つ折りにしてビニールテープでぐるぐる巻きにした。
a0144743_17484193.jpg
ズーム画像。
先が丸くなっているが針金を曲げきれなかっただけで深い意味はない。
どちらかと言うと先は細い方が作業しやすい。

この上にティッシュペーパーを巻いて綿棒のようなものを作る。
a0144743_17490327.jpg
最終的にはこのような形状に曲げると一番楽に作業が出来た。
(先にティッシュを巻いている)
a0144743_17511673.jpg
ティッシュで拭く(こする)だけではなかなか曇りが落ちないのでシリコンオフを使った。
a0144743_17521586.jpg
取り皿に吹いて、先端に少しだけしみこませる。
a0144743_17543553.jpg
バルブの穴から差し込んで拭いて行く。
a0144743_17550651.jpg
こんな感じ。
a0144743_17573373.jpg
ひたすら拭く。(シリコンオフをつけると簡単に曇りがとれる)
a0144743_17554124.jpg

綺麗になったらドライヤーでガラス部を温めて内部を乾燥させる。
シリコンオフは揮発性なのでガラス部を人肌程度に温めてやればすぐに気化する。
(乾燥には3分も必要ない。)
あとはバラした時の逆の手順で組み立てるだけ。

とても綺麗になった。
a0144743_18004551.jpg
左が作業前、右が作業後のライト。
ピカピカになってとてもスッキリ。
a0144743_18043990.jpg
反対側も綺麗にした
a0144743_18081002.jpg
慣れると一個につき30分程度で終わるが、最初の一個は2時間ほどかかった。
a0144743_18083059.jpg
とてもスッキリした。
ミニに乗られている方の参考になれば幸いだ。




.















[PR]
# by wu-tarou | 2017-03-07 21:59 | MINI COOPER | Comments(2)