スローライフ

最近購入した楽譜。
ウクレレは結構生活の一部になっている。
弾きたくない時は1か月以上も弾かないし、気分が乗っている時は毎日弾く。
1か月弾かなくても腕が落ちるようなことはない。(落ちるほどの腕がもともとない)
今は気分が乗っているので、短時間(15分くらい)だがほぼ毎日楽しんでいる。
a0144743_09153519.jpg
ウクレレ・カフェは大好きなチューブの歌が収録されているので楽しみだったが、ちょっと好みと違うアレンジで拍子抜け。
著者の勝誠二さんの楽譜はいくつも持っていて、とても良いアレンジばかりなので今回はちょっと残念。
初心者でも演奏が出来るようにコードを落としているから全体に暗い雰囲気になってしまっている。
しかし、これを原曲のままにハイ キーで楽譜を書いたら一気に難しくなってしまうのだろう。
ただ、チューブの曲は底抜けの明るさが魅力なので、そこは何としても表現して欲しかったなぁ。
とりあえず勝誠二さんの楽譜は好きなのでまた次回に期待。

ウクレレカーペンターズは名曲「青春の輝き」と「愛のプレリュード」が収録されていたので購入。
ウクレレの楽譜はいろいろな会社から沢山出ているけれど、収録曲がかぶっているものが多い。
アレンジが違っていても同じ曲ばかりというのはつらい。
この楽譜は大当たり。
初見では弾けないけれど、ちょっと練習すれば弾けそうな、そんなちょうどいいレベルの楽譜で、しかもあまり他で見ない曲ばかり。
そして困難なコードを使うことなく、なんか高度な演奏っぽく見せてくれるアレンジは秀逸だ。(実は難しくない)
しばらくはこれで楽しめそうだ。





.





楽譜というものは

[PR]
by wu-tarou | 2018-03-20 09:40 | ウクレレ
<< ウクレレハンガー ハイエースの床張り(完成) >>