ハイエースの断熱処理

明けましておめでとうございます。
やる気ないですが本年もよろしくお願いします。

今年の年末・年始は車いじりに終始した。
ハイエースを購入して最初にするべきこと、それは天井の断熱処理。

ハイエースは「乗用車」ではなく「商用車」であるため、車内の快適性は著しく低い。
それは一番グレードの高いモデルでも同じ。
内装一枚剥いだらもう外装の鉄板だから夏は暑いし冬は寒い。
これを少しでもマシにするために一番広い面積である天井部分の断熱処理が必要となる。
(あくまでマシになるレベル。快適になる訳ではない)

まずは8本あるピラーの内装を外す作業から
a0144743_22111423.jpg
シートベルト類もすべて外す。
(なんかちょっとかわいい)
a0144743_22210825.jpg
このピラーが本当に取れない。
トリムクリップというもので本体に固定されているのだが、力いっぱい引っ張らないと外れない。
内装が壊れてしまうんじゃないか?と不安になるがエイヤと引っぱると取れる。
無理やり引き抜くので時々トリムクリップが壊れてしまう。
トリムクリップは1個90円ほどの消耗品なので買えば済むが内装が大丈夫か心配だ。
何度やっても不安になる。
a0144743_22213946.jpg
後ろ側のピラー4本を外してクリップを外したらリアの天井が取れる。

a0144743_22215496.jpg

内装の裏はフェルト一枚隔てて鉄板がむき出し。
そのフェルトすら全面に貼られている訳ではない。
フェルトは要らないので剥がして捨てる。
a0144743_22240357.jpg

綺麗になった。
a0144743_22250656.jpg

定番のレアルシルト(制振材)をカット。
これを貼ると音が響かなくなるそうだ。
a0144743_22225709.jpg

天井に貼る。
a0144743_22255361.jpg

断熱材の東レペフを隙間なく貼る。
a0144743_22260752.jpg

リア側の天井を張り終えたところで年末終了。
翌、元旦に作業続行。
一日目の作業で要領を得て、難関のフロント天井の取り外しも無事成功。
フロント側の天井は畳2枚分くらいの大きさがあるので本当大変。
a0144743_22273676.jpg

フロントも丸一日かけて同じように、制振材と断熱材を貼りつけた。
フロント側は天井裏にどれくらい余裕があるか分からないのでとりあえず東レペフ(10mm厚)を2枚重ねで貼りつけた。
(これでギリギリだった)
何とか天井を戻して
a0144743_22330412.jpg

リア側は東レペフ1枚に断熱材パーフェクトバリアを貼りつけて天井を戻した。
これでほぼ天井裏はみっちりと断熱材で覆うことが出来た。

天井裏に比べれば車体サイドや床の処理は そう難しくない。
何と言っても少しずつ作業を進めることが出来るから気が楽だ。
(天井は外している間は車に乗れない)
暑くなったら作業が出来ないだろうから冬の間に暇を見つけて進めていきたい。





.











[PR]
by wu-tarou | 2018-01-03 22:53 | ハイエース4型
<< チヌ釣り ハイエース用アームレスト(ひじ... >>