ナビとETCの取り付け

ハイエースは「オーディオレス」で購入した。
メーカー純正のナビを買う気がしなかったからだ。
6年ほど前の話しだが、父が最後に買ったトヨタ車の純正ナビは10数万円もしたのに、3万円のゴリラより使えなかった。
そういう経験があるのでどうしてもメーカー純正品を付けたくなかったのだ。

オーディオレスなので、オーディオのあるべき場所にはポッカリと穴が開いている。
a0144743_23070950.jpg
という訳で、車を買ってまず最初にやるのはナビとETCの取り付けから。
購入したのはケンウッドの最上級機種。
と言っても新型が出る入れ替わり時期の投げ売り商品(笑)
とてもお買い得な価格だった。
a0144743_23072289.jpg
そして、こちらはヤフオクで落札したETC。
上のナビと連動出来る機種だ。
ネットの最安値(アマゾン)でも9980円の商品が、中古なら送料込みで2000円だった。
ETCなんて表から見えないものだし動けば中古で十分だ。
a0144743_23090777.jpg
ナビの電源は車体から出ているコネクタと接続するだけでOK。
ETCの電源はそのコネクタから分岐しているACC電源とBT電源に接続する。
後はナビとステアリングとETC が連動するように接続するだけ。
配線がたくさんあって一見難しそうだが説明書を読めば私のような「ド素人」でも接続できるようになっている。

私は将来的にドライブレコーダーを追加したいと思っているので、ACCとBTの電源をさらに分岐させておいた。
a0144743_23110761.jpg
定番であるが、運転中もテレビが見れるように、パーキング線を切断して、
a0144743_23162612.jpg
車体側の線を絶縁、
a0144743_23182098.jpg
ナビ側の線を延長してアースに落としておいた。
これで常時テレビが映るらしい。
ネットで調べるとなんでも書いてある(笑)。
a0144743_23191282.jpg
エンジンルームを開けて、バッテリーを外す。
エンジンルームはボンネットではなく、助手席の下。
車内にエンジンが出てくるのは笑える。

エンジン横のバッテリーのマイナス端子を外して絶縁処理。
a0144743_23195002.jpg
私のハイエースはダブルバッテリー仕様にしたので、バッテリーは2個ある。
と言っても並んで2つある訳ではない。
もう一個は運転席の下にある。

両方のバッテリーのマイナスを外して絶縁処理して作業開始。
a0144743_23201880.jpg
フロントパネルを全部剥がして
a0144743_23222171.jpg
サイドピラーを外してドアトリムも外して天井も軽く外してから取り付けにかかる。
一番面倒なのがアンテナ張りだったが幸運にも上手く貼れた。
a0144743_23225980.jpg
ETCは純正位置に格納。
最近はピッタリ収まるステーが売っている。
それにはめ込んで裏からネジで止めるだけで綺麗に収まる。
a0144743_23235469.jpg
ETC受信部は天井裏に配線をかくしてミラー裏に配置。
a0144743_23260041.jpg
配線はたくさんあるが、1本1本分かるように名前が書いてあるので説明書の通り接続するだけの単純作業。
無事取り付け完了。
a0144743_23272171.jpg
ETCやステアリングスイッチとの連動も上手く行ったようだ。
運転中にテレビが映ったし何も問題ないようだ。
終わってみれば難しい作業はなかったが、なにぶん初めてだったので時間はだいぶ掛かった。
もう一度やるなら1/3くらいの時間で出来るだろう。

車の仕組みや裏側がいろいろ分かってなかなか楽しい作業だった。





.



[PR]
by wu-tarou | 2017-12-16 23:29 | ハイエース4型
<< クラッツィオ ジャッカ シート... ハイエース スーパーGL 3.... >>