人気ブログランキング |

シマノ ラフトエアジャケット VF-051K

最近、沖堤防に渡ることが多くなったので無理をして買った。
シマノ ラフトエアジャケット VF-051K
ここのところ無駄遣いばかりで懐具合が苦しいのが実情だ(笑)


私は昔から根拠もなく「自分だけは大丈夫」と思ってしまう性質だ。
しかし最近堤防のちょっとした段差に引っかかって足がもつれることも多くなってきた。
「自分だけは大丈夫」とも思えなくなってきた。

沖堤防の「内側」に落ちた場合は100mも泳げば(流されれば)、階段があるので登って来れるだろうが、
「外側」に落ちたら・・・と考えるとゾッとする。
長さ4kmに渡って登る方法のない高さ5mの断崖絶壁が続く・・・
そこまで想像したら「買わざるを得ない」と思った。

a0144743_22142499.jpg

こんな感じ。

a0144743_22143286.jpg
裏面はこんな感じ。

a0144743_22144516.jpg
落ちた時に気を失っても大丈夫なように自動膨張式を選んだ。
せっかく安全のために買うのだから「国土交通省認定」の商品にした。
万に一つでも落ちた時に作動しなかったら何もならない。
a0144743_22150514.jpg
水没すると自動で開くが、この取っ手を引っ張っても開く。
引っぱる機会のないことを祈っているが・・・。

a0144743_22152361.jpg
中に入っているオレンジ色のチューブがエアバッグ本体。
緊急時にはボンベの力でこれが膨らむのだ。
膨らむと飛行機の中でスチュワーデスさんが説明してくれるようなオレンジ色のジャケットになる。
フーフー空気をいれる管も付いている。
a0144743_22153281.jpg
小物入れ付。
タバコを入れたりするためではなく、緊急用の呼び笛などを入れておくためのもの。
a0144743_22154196.jpg
シマノ製とダイワ製で悩んだが、シマノの方がコンパクトで身体になじむデザインだったのでシマノ製を選んだ。
a0144743_22155138.jpg
着用後の「見た目」はダイワ製の方が断然カッコイイのが本音。
SHIMANOというロゴもダサい(笑)
a0144743_22160198.jpg
日曜日にこれを着用してタチウオを狙ってみたがとても具合がよくて満足した。
一日着用しても肩が凝るようなこともなく、竿さばきにもほとんど影響なく快適であった。

しかし肝心の釣果の方はボーズでとても残念だった。
タチウオは釣れる時は釣れる、釣れない時は釣れない。
そんな魚だから仕方ない。
また次回に期待したい(涙)



.





by wu-tarou | 2016-10-03 22:47 | フィッシング
<< 久しぶりのヘチ釣り ワインド専用ロッド スカイロー... >>