見積もり

雨で暇だったので、近くのトヨタディーラーで以前から気になっていたハイエースの見積もりをお願いしてみた。
「乗用車」ではなく「商用車」なので、乗り心地が悪くて遅くてウルサイらしいが、何でも積み込めるのは大きな魅力だ。

a0144743_22011486.jpg
所詮は商用車・・・と上から目線で見積もってもらったが・・・・

「・・・・・・・・・(゚Д゚;)」

ちょっとこれは・・・・すごく高いね(^^;)
見上げる立場だと知らされた・・・・orz

でも欲しいなぁ・・・





.


[PR]
# by wu-tarou | 2017-02-06 22:11 | その他 | Comments(0)

冬チヌ

チヌは裏切らない。
あいまいな記憶だが、チヌ釣りでは多分一年以上ボーズを食らっていない。
チヌは一年中同じ場所に居て、同じエサで、同じ釣り方で釣れる。
結構な頻度で釣行しているが必ず期待に応えてくれる。
シーバス等に比べてずっと単純で楽に釣れる魚だ。

大物に限って言えば、活性も春夏秋冬変わらないと考えている。
(大阪湾限定。よそは知らない)
小さいサイズも含めると、圧倒的に春、夏、秋の方が「数」が釣れる。
しかし45cm以上のサイズだけに注目すると春も夏も秋も冬も、釣れる匹数は変わらない。

ただし、冬のアタリは本当に小さい。
大きなアタリが出ることもあるが、市販のヘチ竿ですべてのアタリを拾うことは出来ないだろう。
もちろん「糸ふけ」でアタリを読むなんてことも不可能だ。
冬は「極軟」の穂先が必須だ。(と私は勝手に思っている)

本日はまさにそんなアタリばかりだった。
アタリのふり幅も1cm以内で、カドのないフワフワとした緩やかな上下動。
波かアタリか判別に苦しむが、波の周期と多少ずれて動くので違和感を感じる。
そういうのを合わせるとズシっとした手ごたえが答えとなって返ってくる。




アタリがトータル5回で、その内2キャッチ、1バラシの結果だった。

1匹目46cm
a0144743_23220016.jpg
2匹目も同寸(46cm)だった。

a0144743_23295075.jpg




P.S.こんなことを書くと途端にボーズを食らいそうで怖い(~_~;)


.




[PR]
# by wu-tarou | 2017-02-04 23:43 | チヌ釣り | Comments(0)

餃子クラブ

このカードをご存知だろうか?
a0144743_22053518.jpg
餃子の王将の「餃子クラブカード」。
王将でポイントを貯めるともらえるカードだ。

嫁さんが団体で飲食したらすぐにポイントが貯まって貰えたとのこと。
2枚貰ったそうで、「いらない」と言って私に一枚くれた。
このカードで一年間王将の全品7%割引で食べられるらしい。
といっても私は3か月に2回くらいしか利用しないけれど(^^;)

a0144743_22101976.jpg
こちらは1000円の金券。
プレミアムカードのオマケとのこと。
誕生日月に使えるらしい。

せっかくもらったことだし、今年は大いに利用したい。



.


[PR]
# by wu-tarou | 2017-01-31 07:06 | その他 | Comments(2)

無念

ヘチ釣りを始めたころはアタリが分からないことがよくあった。
底まで落として引き揚げると、いつのまにかエサが潰されている。
そういうことがよくあった。

これに対しては(主に道具の改良を重ねた結果)アタリを見逃すことがなくなった。
アタリかどうか判別に悩むことは今でもあるが、「知らない内に・・」というようなことはなくなった。
これでだいぶ釣れる確率があがった。

しかしアタリを確認してからキャッチに持ち込むまでの確率については初心者のころから進歩していない。
アワセのタイミングでいつも悩む。
悩んでいる内に見切られて終わってしまうこともよくある。

今回の結果は無念の一言。
活性は悪くなかった。
合計5回も掛けたのに、掛かり所が悪くて上げられたのは1匹のみ。

歯の固い部分に掛かったのか、薄皮一枚で掛かっていたのか分からないが、とにかく連続でバラしてしまった。
その内の一匹は相当・・・・いや止めておこう(~_~;)


上げられたのはこいつ1匹のみだった(42cm)。
a0144743_09005248.jpg
外道で来たタケノコメバル。
カニを使うと時々くる。

a0144743_09011029.jpg
今日は2匹釣れた。
煮つけにすると美味そうだが、居着きの魚は食べる気がしない。
大阪湾の水もすごくきれいになったけれど。

a0144743_09012352.jpg




.




[PR]
# by wu-tarou | 2017-01-28 23:44 | チヌ釣り | Comments(0)

ボガグリップ 15LB

子供のころからこういうアイテムが好きだ。
オモチャのマジックハンドやロボットハンドも幾度となく買って遊んだ。
多分 男子の習性なのだろう。

三つ子の魂百までと言われるが、このボガグリップも釣具屋で見かけて欲しくなってしまった。
フィッシュグリップは黒鯛工房のものを使っていて十分満足しているが、何となく買ってみた。
お店で買うと高いので、もちろんオークションで落札。
a0144743_22044320.jpg

a0144743_22045556.jpg
a0144743_22051180.jpg
初めて買ったフィッシュグリップは1500円くらいのパチ物だった。
見た目はそれとよく似ているが、質感は全く違う。
さすが本家本元。値段なりの価値はあるように思う。

a0144743_22052540.jpg
口の開きはこれくらい。
とてもスムーズに開いてホールド力も抜群だ。
安物と違って、いかにも「道具」といった感じでカッチリと作動する。

a0144743_22054173.jpg
吊り上げた魚の重さが測れるようになっている。
15lbモデルなので、およそ7kgまでといったところか。
a0144743_22055268.jpg
安物と違ってとてもしっかりとした造りだが、その代償として(?)すごく重い。
とてもじゃないが、こんなに重いものを持ち歩きたくないや▪▪▪と思うほどとても重い(^_^;)

何となく買ってしまったが、余りにも重いので今後も使うことはないだろう。
見た目や質感はとても良いのでコレクションとして所有するだけでもまあいいか。
(若い人なら重さは気にならないと思うので、あくまで個人的感想として読んで頂きたい。)

a0144743_22061505.jpg
こちらが現在愛用している黒鯛工房のフィッシュグリップ RG200↓。
黒鯛工房の名前がついているが、オーシャングリップとのコラボ製品だ。

a0144743_22064972.jpg
ぞんざいに扱っているので傷だらけだが、とても使いやすい。
ホールド力も十分で、何よりとても軽量なのが有難い。
a0144743_22062570.jpg
魚のキャッチ自体はタモ、もしくは(浜なら)ズリ上げ。
フィッシュグリップでランディングすることはない。

バンジーコードの端をベルトに付けて、釣り上げたらとりあえずこいつをストリンガー代わりにしてキープするスタイルに落ち着いている。
大きさを測って写真を撮ったらそのままリリース。
使い方は人それぞれなので、今はこのセットが一番使いやすい。
a0144743_22070133.jpg
質感や魚をつかむ機能で言えば、ダントツでボガグリップとなる。
巨大な魚を掛けて吊り下げても壊れるような気がしない。
しかし私のような使い方だと軽量なオーシャングリップで十分かな。




.




[PR]
# by wu-tarou | 2017-01-25 22:15 | フィッシング | Comments(0)

かろうじてチヌなら釣れる

土曜日は2時から5時過ぎまで釣ってみた。
a0144743_21034081.jpg
アタリは4度で、内2匹をキャッチできた。
1匹めはタモトラブルでタモを直していると跳ねて海に戻って行った。
チヌは釣りあげた後にあまり暴れない魚なのに珍しい。
もしかしたら地面に直接置くと暴れるのかもしれない。
(いつもはネットから出さない)

2匹目が上の写真。
46cmだった。
1匹目もおよそ同じくらいの大きさだった。

寒くなったからか、チヌの引きが弱くなっていた。
12月のこのサイズなら倍くらい引いただろう。
って、そんな時期に釣る方が悪いか・・・・


帰りに1時間ほどルアーを投げてみたが、シーバスは釣れなかった。
残念




.



[PR]
# by wu-tarou | 2017-01-22 21:35 | チヌ釣り | Comments(0)

一億円

年末ジャンボ宝くじ
年末に10枚だけ買ったが、まだ開けていない(^^;)
a0144743_21042722.jpg
宝くじというものは
開けるまでは確実に当っているのだ。
しかし開封と同時にハズレに変わる。
そう。まるで量子理論の世界なのだ。
(と信じてる)

昔は「もし1億円当たったら!」とあれこれ考えてワクワクしたが、今はそんなこともない。
一億円が当たっても大きく生活が変わらないだろうと分かってきたから。

働くのは嫌だが、働かないときっと気持ちが暗くなる。
毎日ごちそうを食べると体を壊すだろう。
毎日旅行しているとつまらなくなるだろう。
今、喉から手が出るほど欲しいものもない。
「欲しいもの」は手に入れたら、次が欲しくなるだけだ。
一億円あっても1mのシーバスは釣れない。

お金の使い道なんてそんなに多くないのだ。
今しばらく「1億円の当たりくじ」を楽しんでみよう(笑)



.




[PR]
# by wu-tarou | 2017-01-22 21:17 | その他 | Comments(2)

チヌ釣り

チヌ釣り。
タチウオもまだ(釣れる人には)釣れているようだが、確率が悪くなったので釣り場から遠い私には不利。
いま釣れる魚といえばチヌしか思い浮かばない。
この日は一日暇だったので、午前中ゆっくりして午後から丸々半日釣りをする計画だ。

こんな寒い日はだれも釣りをしないだろう・・・と思って釣り場に着いたら、ヘチ釣り師が帰るところだった。
がっかりだ。
この時期のチヌ(特に寒い日)はあまりヤル気がないので、一旦警戒心を抱くとその日はもう回復しない。
大物ほどこの傾向が強い。
つまり人が探った後の釣り場は望みが薄いのだ。

12時半から4時半まで釣りをしたが、結局アタリは6回きりだった。
少ないような気もするが、まあこんなものかな?

最初に来たのは30cm程度のマチヌ。
カメラを車に忘れてきたので写真なし。

これ↓は35cmくらいのキビレ。
a0144743_10313189.jpg
これ↓も40cmくらいのキビレ。

a0144743_10313883.jpg
結局小さいのばかり3枚だった。
この時期に30cmくらいのチヌが釣れるのは珍しい。
秋から年末にかけて暖かかったので小さいのがまだ残っているのだろう。
一度だけズッシリとした手ごたえのヒットがあったが、そいつは5秒ほどで針が外れてしまった。
一般的に「逃がした魚は大きい」と言われるが、釣り師から言わせてもらうと逆だ。
「大きい魚は逃げる」が正解。
釣りをしている方はご納得いただけると思う。

日が暮れるまでやるつもりだったが、寒さで糸が結べなくなってきて、体の動きも鈍くなってきたので4時半で納竿。
足がもつれて海に落ちる・・なんてことも考えられるくらいに体がカチコチになっていた。
防寒はしっかりしていたつもりだったが、吹き付ける強風のせいで身体が冷えてしまった。
次回はダルマのように着込んで出かけたい。



.



[PR]
# by wu-tarou | 2017-01-15 10:55 | チヌ釣り | Comments(0)

スプールバンド(糸止め)

スピニングリールのスプールバンド。

安物の市販品はいかにも「ゴムバンド」的なものが多く、
かと言ってメーカー品を買うと1つで500~700円もする。
何かいいものはないか?と考えていたらホームセンターにあった。
a0144743_23412070.jpg
2mで198円のマジックテープ。
電気コードを束ねるテープだ。
赤色と黒色があったが、私は赤色を買ってきた。

裏面の白い部分が「オス」、表の赤い部分が「メス」になっていて重ねればどこでも止る。
a0144743_23413667.jpg
スプールよりも少し太いので。

a0144743_23415055.jpg
適当に細くカットする。
a0144743_23420051.jpg
幅を測ったりせずにイメージでカット。
カットしても ほどけてきたりしない。

a0144743_23420949.jpg
片方の先を丸くカットして出来上がり。
a0144743_23421918.jpg
こんな感じ。
a0144743_23423256.jpg
198円のテープでスプール7個分作ったが、まだまだ余っている。
a0144743_23424550.jpg
釣り場で無くしてもそんなに痛くないし、安物のゴムバンドよりは気に入っている。
使い勝手も良いので、興味のある方は一度お試しあれ。




.



[PR]
# by wu-tarou | 2017-01-11 23:55 | フィッシング | Comments(0)

なんとか一匹

またタチウオ釣り。
もうお正月も終わったというのに堤防はすごい人だ。
私は3時に釣り場に入ったので良い場所が取れたが、その後どんどん人が来て
長大な堤防はおよそ10m間隔くらいでビッシリ隙間なく埋まってしまった。

a0144743_00203380.jpg
そんなに人がにぎわっているのに、タチウオはイマイチ(^^;)
元旦は高活性だったのに、火曜日に来た時はボーズをくらってしまった。
火曜日は何度かアタリがあったが、アタリがある度に巻く速度を落としてしまった。
(12月くらいまではその方が釣果が上がったのだ。)
しかし火曜日は「早巻き」の方が釣果が上がっていたようだ。

そういう訳で今回は「早巻き気味」でトライしたが、それでもイマイチ雰囲気がつかめない感じだった。
私は運よく1匹釣れたが、アタリも1度キリだったので本当に運がよかっただけのような感じ。
パターンにハマる感じではなく、たまたま釣れたような気分。 まあいいけど。
a0144743_00251154.jpg
見た感じ80後半から90cmくらいの大きさだったが・・・・
a0144743_00254753.jpg
尻尾がなかった。

タチウオは共食いをする魚。
きっと仲間に食われたのだろう。
タチウオの世界もキビシそうだ(^^;)

しっぽはいつも捨てる部位なので私は気にしない。
ありがたく晩御飯のオカズになって頂こう(ー人ー)



.






[PR]
# by wu-tarou | 2017-01-08 00:38 | フィッシング | Comments(2)

高活性

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
a0144743_22195955.jpg
という訳で、それっぽい画像を掲載したが、これは「初日の出」ではなくて「初日没」(^^;)


今年も元旦から釣りに行ってきた。
2時頃に家を出て、釣り具屋のセールをハシゴしながら地道でゆっくり釣り場へ。
正月は暇だから仕方がない。
4時半に現地入り。
a0144743_22210599.jpg
元旦から釣りをするようなヤツは そうは居まい・・・
と思ったら結構な混雑ぶりだった。
盛期に比べればまだマシだが、およそ20m間隔で人が並んでいた。
みんな私と同じで「暇」なのだろうか?
a0144743_22222631.jpg
天気もよく、暖かくて風もなく、絶好の釣り日和。
携帯電話の星座占いでは私の「おとめ座」が一位。
これはもう間違いなく釣れる。
a0144743_22275060.jpg
結構な活性だった。
夕方の一刻(いっとき)だけだったが、何度もアタックがあった。

a0144743_22290583.jpg
99cmが2本、90cmが1本の計3本釣れた。
時間的にはまだまだ釣れそうだったが、家の冷凍庫にスペースが無さそうなので、5時半に切り上げた。

今年も幸先良いスタートを切れた。
良い一年になりますように。(合掌)


PS.今回初めてメイホウの FグリップBM を使うことが出来た。
使い心地は「コメントなし」だ。
無意識に普通に使えて気になる点もなかったということは「とても良い商品」ということだ。
今後はこのグリップをメインで使って行くことになると思われる。



.



[PR]
# by wu-tarou | 2017-01-01 22:38 | フィッシング | Comments(0)

今年の釣り納めはタチウオ

幼なじみのK君から連絡があり、釣りに行くことに。
つい先日「今年のタチウオは終わった」宣言をしたばかりなので、バツが悪いがタチウオ狙い。

F-MAXの釣り情報をのぞいてみると、(1匹だけだが)ブリも釣れたとか釣れないとか(^^;)
釣り人はこういうウワサ話しにとても弱い。
タチウオ狙いで、アワ良くばブリも・・・などと夢見ていそいそと出かけた。
a0144743_23283745.jpg
結果から言うとブリは釣れなかったがタチウオは1匹釣れた。
全体としてはおよそ2人に1匹釣れる感じの釣れ具合だった。
私の右隣の人は釣れていなかったが、その向こうの人は2匹上げていた。
左隣のK君は釣れず、K君の隣の人も釣れなかったが、その向こうの釣り人には1匹釣れていた。
そんな感じ。
大きさは90cmくらいの指4本弱だったが、ベイトを豊富に喰っているのだろう。
肉厚でとてもおいしそうな感じだった。
a0144743_23313151.jpg
今年の釣りはこれで終わりだが、(まだ釣れるなら)お正月もいいかな・・・・・(笑)





.

[PR]
# by wu-tarou | 2016-12-30 23:40 | フィッシング | Comments(0)

そろそろチヌの季節

チヌは年中釣れる魚だが、個人的には今から春までがチヌ釣りのシーズン。
冬は数は釣れないが大物限定で効率が良い。
寒いのは何ともないが、人が多い中で釣ったり、炎天下で釣ったりするのは苦手。
誰もいない堤防でじっくりとポイントを探るのが好きだ。

今日は午後からゆっくり半日釣りが出来る・・・と思っていたが、
半日と言っても陽が沈むのが早いので、案外釣れる時間は短い。
午後1時過ぎから5時前まで3時間半ほど楽しんだ。

天気は大荒れの風速10m。
岸壁に当たって砕ける波が3m下の水面から6~7mほど立ち昇って、頭上から降りかかってくる。
釣りが出来るかどうかギリギリの天候(^^;)

風が強すぎてアタリが判別できない。
私の使う極軟調穂先の唯一の弱点だ。
感度が良い分、穂先が風であおられてビヨンビヨンはねる。
アタリかどうかハッキリ分からないので戸惑いながら合わせるから掛りが浅くなる。
1枚目を上げるまで5回もバラしてしまった。


何とか掛けた1匹目42cm
a0144743_20422228.jpg
2匹目は冬の典型的なパータンである「繊細なアタリ」ではなく、強い引き込みアタリだった。
まだ本格的に寒くなる前だから元気が良いのか。
きっちり掛けるため、掛かってからも数回合わせをくれてやった。

52cmの年無しだったが先週のと違って重いだけであまり引かなかった。
a0144743_20501207.jpg
40cm弱のキビレ。
a0144743_20512119.jpg

42cmのキビレ。

a0144743_20513034.jpg
風のせいでアタリが取りづらく、厳しい条件での釣りになったが、
逆に、風がなかったら釣り人が沢山いて釣れなかったかもしれない。
理想の条件下で釣れる日なんて数えるほどしかない。

今年の冬は出来れば自己ベストを更新したいなあ。




.



[PR]
# by wu-tarou | 2016-12-23 22:53 | チヌ釣り | Comments(0)

メイホウ FグリップBM

明邦の FグリップBM を買ってみた。
簡単に言うと魚をつかむトング。
今期のタチウオ釣りは終わったが、来年の予備ということで(^^;)

a0144743_00071338.jpg
今まで使っていたのがこちら。
Dress(ドレス) ディノグリップ。

a0144743_00093333.jpg
ディノグリップは造りもしっかりしていてとても使いやすく、グリップ単体では本当に最高のフィッシュグリップだと思う。

a0144743_00094693.jpg
ディノグリップの唯一にして最大の欠点が「ベルトホルダーがない」という点。
これはとても残念。
タチウオをぶら下げたまま「えーっと、魚ハサミはっと▪▪▪」などと探す場面が多かった。
カラビナ等で腰に吊るすことも可能だが、ズボンが汚れそうで嫌だった。

そういう訳でケース付きで腰に吊るせるタイプのフィッシュトングを探していた。
この世界では定番の「ワニグリップ」や「ガーグリップ」等と比較検討した結果、選んだのがこちら。
メイホウの FグリップBM。
見た目が好みだったのと、セールで安くなっていたのが購入理由(笑)。
a0144743_00072123.jpg

ケース(サヤ)に入った状態。
a0144743_00073519.jpg
横向き
a0144743_00074640.jpg
裏側はこんな感じ。
a0144743_00075565.jpg
後ろの取っ手を引くと閉まった状態で固定できるのは他の多くのグリップと同じ。
a0144743_00081316.jpg
取っ手を押し込むとバネの力で開いてくれる。
a0144743_00082068.jpg
裏側についているベルトホルダーは取り外して上下に移動が可能。
a0144743_00083316.jpg
ベルトに通す場合は上にセットする。
(下はバケットマウスに取り付ける時のポジション)
a0144743_00084370.jpg
ベルトに吊った状態で動きの邪魔にならないように蝶番になっている。
a0144743_00085810.jpg
こんな感じで可動する。
a0144743_00090941.jpg
魚をつかむ歯の部分。↓
一応及第点だが、ディノグリップと比べると少しショボイ。
a0144743_00100961.jpg
参考までにディノグリップの歯はこんなに鋭い↓
a0144743_00095867.jpg
柄の部分の比較↓。
メイホウの FグリップBM の方が華奢な作りに見えるが、実際に触ってみると十分な剛性がある。
必要十分な強度ということか。
a0144743_00102720.jpg


少し短いが、挟む部分が大きくて使いやすそう。
a0144743_00104157.jpg
せっかく買ったのだから早く使ってみたいのだが、もうタチウオは釣れなさそう(涙)
a0144743_00105417.jpg
実際に使えるのはやっぱり来年か。



1/1追記
a0144743_22290583.jpg
思ったより早く使う機会が来た。
使い心地は「普通」
何の意識もなく「普通」に使うことが出来た。
こういった商品は「意識せずに普通に使える」ことが最大のポイントだ。
不便を感じることなく使えたということは「とても良い商品」ということだ。
ドレスのディノグリップに「ホルダー」が発売されれば別だが、今後はこのグリップをメインで使うだろう。




.


[PR]
# by wu-tarou | 2016-12-21 13:09 | フィッシング | Comments(0)

久しぶりの年無し


用事を終え、暗くなるまでに1時間半ほど時間があったので、チヌを狙ってみた。

アタリは時々あるが、掛けても一瞬で針が外れるパターンが3度ほど。
うーん上手く行かん。
食いが浅いのか?
もう終わりにしようと思ったころにやっと掛かった。
a0144743_22071102.jpg
チヌは個体によって全然引きが違う。
小さくても強烈な引きのヤツもいるし、年無しでも重いだけであまり引かないヤツもいる。

今回の個体はムチャクチャ引いた。
巻き取った糸を何度も引き出して楽しませてくれた。
最高の引きだった。

a0144743_22072187.jpg

尻尾をピンと伸ばしてギリギリ50cm。
個人的にはアレだが、競技では一般的な計測方法のようだ。
まあ、久しぶりなので一応「年無し」と呼ばせてもらおう(笑)




.



[PR]
# by wu-tarou | 2016-12-18 20:29 | チヌ釣り | Comments(0)