カテゴリ:ブロンプトン M3L-X( 16 )

ブロンプトン用ヘッドランプ ホワイトライトオーラ

毎日暑いですね・・・というのが挨拶代わりになってきた今日このごろ。
あまりに暑いので今日は仕事をせずにクーラーかけて涼みながらテレビみたりネットしたりしています。

最近自転車に乗れておりませんが、ブロンプトン専用のLEDライトが発売されたと知り、仕入れてみました。

ブロンプトンのライトに関しては以前より気になっていたのです。
パナソニックの「かしこいランプ」を取り付けるのが定番でしたが、あれ、スイッチがないので乗らなくても6ヶ月ほどしか電池が持たないんですよね。
いや、頻繁に乗ればいいんですけどね。
頻繁に乗れば 「6ヶ月 電池が持つ」 と言えるんですが、乗らないのに6ヶ月じゃね・・・・・。

で、ついに救世主現る。
TOPEAK(トピーク) WhiteLite Aura(ホワイトライトオーラ)
a0144743_13212366.jpg

まあ、ヘッドランプというよりあくまで「補助ランプ」ですけどね。
裏面はこんな感じ。
a0144743_13212667.jpg

下面はこんな感じ。
ライト側面(画面下側)の銀色のボタンがスイッチです。
a0144743_13213358.jpg

こちらはブロンプトンに元からついているリフレクター反射板です。
a0144743_13213737.jpg

取り付けステーには穴が2つ開いており、ネジで取り付けるようになっております。
a0144743_13214454.jpg

リフレクターとホワイトライトオーラ
a0144743_13214756.jpg

裏面。 なぜか穴の位置が一緒です。
a0144743_1321549.jpg

ブロンプトンの取り付けステーとホワイトライトオーラ。
これはもう専用設計としか言いようがありません。
説明書にはブロンプトンのブの字もありませんけどね。
絶対ここがターゲットやろ?と。
a0144743_13215843.jpg

ブロンプトンについていたネジはボルトでしたのでブレーキを外さなくても着脱出来ましたが、ホワイトライトオーラのネジはナベネジになってますのでドライバーを使わないと締められません。
オリジナルのボルトネジを使っても良かったのですが、まあ簡単な作業ですのでブレーキを外して取り付けました。
a0144743_1322559.jpg

ふぅ・・・取り付け完了。
あれ?   ランプが首をかしげています。
a0144743_1322985.jpg

ブレーキの左右の遊びを同一にするのに集中していてライトが真っすぐかどうか見れてませんでした。
ここ忘れやすいのであえて失敗をUPしました。 僕って親切~
で、真っすぐに取り付け完了。
a0144743_13221624.jpg

全く違和感ありませんね。
a0144743_13222080.jpg

2つの穴の位置も大きさも完全に一致してます。
a0144743_13223037.jpg

上から見てもリフレクターの時と変わりません。
a0144743_13223677.jpg

ライトは点滅と点灯の2種類です。
a0144743_1322459.jpg

リアはM&Mで売ってるこれ。
a0144743_13574426.jpg

いや~これもレトロでええ感じですね。LEDですけど。
a0144743_13575525.jpg

ほんでこれ。オオサンショウオ君。
a0144743_135834.jpg

さあ、これで準備万端や~~
でも僕は基本的に夜は乗らないんですけどね(笑)
[PR]
by wu-tarou | 2013-08-20 13:39 | ブロンプトン M3L-X | Comments(4)

Brompton M3L-X

コンパクトで上質なものに惹かれる
a0144743_21281978.jpg

島国という共通点を持つ日本とイギリスは似ている。
しかし求めるものが少しだけ違うように思う。
a0144743_2129573.jpg

コンパクトで上質なものを求めるところまでは同じ。
それに並んで日本人が求めるものは「高性能」と「高機能」。
自分の周りの商品を眺め回せば思い当たる。
a0144743_21303273.jpg

イギリス人はコンパクトで上質・・・そして「ギミック」が来る。
007シリーズの小道具がそれだ。 品質よりも先に ”ギミックありき” なのだ。
コンパクトで一見何の変哲もない日用品が実はすごいアイテムだったりする。
そんなところが痛快なのだ。
だから "狼の性能" にわざわざ苦労して "羊の皮" をかぶせる。
a0144743_21313844.jpg

そして クールにすました顔で使いこなし、心の中でニンマリ微笑むのだ。
a0144743_21333746.jpg

遊びながら、更にそこに生まれるギャップを楽しむ。
a0144743_2134082.jpg

ブロンプトンやモールトンからだだよう あのえも言われぬ魅力と痛快さはここにあると思う。
[PR]
by wu-tarou | 2012-12-28 21:35 | ブロンプトン M3L-X | Comments(2)

加茂屋 BROMPTONスタンド TACT レポート

ブロンプトンを停めておく際にどうするか?
これはブロユーザーの永遠の課題でしょう(笑)

もちろん私もあの折り曲げて停めるスタイルに憧れておりました。買うまでは。
でも実際にやってみると面倒臭い。
あからさまに面倒臭いって叫ぶほどじゃないですけど、やっぱり面倒臭い。
昔のブロのようにリアサスがフレームにロックされないタイプならそうでもないと思いますが、
ロックのある最近のタイプだといちいち手探りでロックを外しつつグイっと持ち上げないといけない。
たったこれだけのことが、とっても面倒臭いんです。 ふぅ・・・・

で、早速取り付けてみました。
取り付けはとても簡単。
どれだけ簡単かと言うと、高野山輪行で持ってきて頂いて、駅に着いてから出発前に5分で取り付け完了。
ネジ2本締めるだけでした。
(真ん中の太いネジが微妙な位置にあって少し締めにくいです)
a0144743_22412272.jpg

スタンドは数あれど、ブロンプトン専用スタンドはこれしかないのではないでしょうか?
取り付けたスタイルも全然違和感ないですね。
a0144743_22413858.jpg

モールトンにはエスゲのセンタースタンドを取り付けております。
知ってる人は知ってると思いますが、あれはとっても重いんです。
車体に取り付けてしまうと分からなくなりますが、エスゲのスタンドは部品単体で持ってみるとゾッとするくらい重い(笑)

対してbromptonスタンドTACTはすごく軽いです。ネジ以外全部アルミ製ですからね。
自転車用のスタンドは各社から沢山発売されておりますが、その中でもこれは最も軽い部類に属すると思います。
a0144743_22415622.jpg

後輪を畳んだスタイルだと写真にした時にいつも同じ雰囲気になってしまいますが、
スタンドで立たせると自転車として「絵」になるようになりました。
かっこいい。
a0144743_22421489.jpg

まるで昔からついてたみたいに気軽に使えてとても気に入りましたよ。
a0144743_22423169.jpg
a0144743_22424346.jpg

[PR]
by wu-tarou | 2012-11-29 23:00 | ブロンプトン M3L-X | Comments(0)

高野山

紅葉を見に高野山に行ってきました。

難波からの電車賃高!!
a0144743_22522972.jpg

久しぶりの輪行スタイル
a0144743_22525358.jpg

ケーブルカーに乗って楽々です。
a0144743_225333.jpg
a0144743_22531362.jpg
a0144743_22532380.jpg
a0144743_22533431.jpg
a0144743_22534232.jpg
a0144743_22535262.jpg

残念ながら紅葉は終わりかけ・・・というか終わってました。
高野山寒いですからね。
a0144743_2254261.jpg

でもちょっとだけ残ってたり。
a0144743_22541295.jpg

しかしお天気は最高!!
a0144743_22542437.jpg

まずは酒饅頭から
a0144743_22543574.jpg

a0144743_2353623.jpg

a0144743_2354966.jpg

a0144743_2355938.jpg

このお堂は巨大なマニ車になってて回す取っ手がついてましたので、皆でまわしてみました。(写真:龍神丸さん)
a0144743_2365055.jpg

力を合わせると何とか20cmくらい回りました。(写真:龍神丸さんのカメラでフランス人のおねーさんが撮影)
a0144743_2375539.jpg

建物ごと回るのかと思ったら 回す部分しか回らなくてがっかりしました。

お昼ごはんは精進料理。おいしかった(かつおダシ?)
a0144743_23101693.jpg

デザートは抹茶味のゴマ豆腐ミルクがけ。
a0144743_23121141.jpg

ここで九度山人さんパンク。
a0144743_23122279.jpg

はじめてみるワイヤービード切れによるパンク。
ビードが切れたらタイヤがリムに納まらず修理が不可能。
ここで九さん痛恨のリタイヤでした。
a0144743_23151746.jpg

「あんぷ」の笹巻き麩モチ
a0144743_231658100.jpg

a0144743_23171851.jpg

a0144743_23172933.jpg

お天気にも恵まれとても楽しい一日でした。
ご一緒いただいた皆様、ありがとうございました。
来年も楽しみにしております。
[PR]
by wu-tarou | 2012-11-27 22:59 | ブロンプトン M3L-X | Comments(2)

広いところ

お空と海がとっても広~いところに行ってきました。
まずはお約束の「美人とブロンプトン」(^^;) 
瀬戸内の島々と海、そして空が広がります。
a0144743_23371556.jpg

ほんとに広いです。
おっさん連中とブロンプトン
a0144743_23381640.jpg

まだまだ広いです。
ラジコン飛行機野郎と翼長2mのラジコングライダーも写ってます
a0144743_233932.jpg

ほんっとに広いんですって!!
a0144743_23402169.jpg

まだまだ引けます
a0144743_23405844.jpg

とにかく何度行っても気持ちのいいところでした。
a0144743_23414455.jpg

[PR]
by wu-tarou | 2011-02-28 23:41 | ブロンプトン M3L-X | Comments(4)

ブロンプトンにオイル差しました

タイヤ交換の際外してみるとブロンプトンのフロントハブは普通の玉押しがあるタイプではなく工業用?のようなシールドベアリングのハブでした。
ちょっと回転が気になったので、マジックオイル(^^)を差しておきました。
a0144743_1958232.jpg

このマジックオイルの効力がどれくらい持つのか、まだ試したことが無いので分かりませんが、ハブは" にゅ~" っとしつこく回る様になりました。
昔のカンパのハブみたいな感じです(笑)
a0144743_2001568.jpg

このマジックオイル、使うのが面倒な感じの入れ物だったので、ずっと使ってなかったのですが、
専用注射器を頂いてから結構好んで使っております。
ほんのちょっとピンポイントで差すのに使いやすいんです。
プーリやメカの稼動部分に注油して、はみ出した分をティッシュで拭いてお終い。
実際に効果も良いと感じております。
ついでにリアのスタメの3速ハブギアの中にも注入しておきました。
グリスより粘度が低いので動作が軽くなりました。
[PR]
by wu-tarou | 2011-01-13 20:09 | ブロンプトン M3L-X | Comments(2)

仏式バルブアダプタ?

米式の穴の空いているホイールに仏式のチューブを入れてもいいんでしょうか?(^^;)
なんか気になります。
高圧時のタイヤ圧は相当なものです。
以前、某小径車に履かせたコンチネンタルのサイドケーシングにキズがつき、小さな穴からお餅が膨れるように
インナーチューブが膨らんでいる事例を目撃したことがあり、とても気になっておりました。
ほんの小さな穴からでもお餅がふくらむ様に押し出されてくるのですから、仏式と米式の穴径の違いは結構ダメダメなんじゃないかしらん??
と気になりましたので、こんな部品を作ってみました。
a0144743_0143867.jpg

カーブはリムの溝に合せてあります。
こんな風にバルブに差し込んでからホイールにハメました。
a0144743_016390.jpg

まあ、自己満足の世界ですが、気休めにはなりました(^o^)
[PR]
by wu-tarou | 2011-01-08 00:16 | ブロンプトン M3L-X | Comments(2)

近所を散策

みなさま明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
今年の目標は「とりあえずやってみる」で行こうと思います。
ということで、いつもなら絶対乗らないであろう寒空の中、自転車でブラブラしてきました。
と言ってももちろん近所限定(笑)
近所でも普段通らないところを通ってみようと思いました。
a0144743_2150465.jpg

早速知らない神社発見。
家から1km以内の場所ですが、お参りする人もほとんど居ない神社でした。
田んぼがあったので、あぜ道ぞいにクネクネ進んでみました。
a0144743_2150529.jpg

すると廃病院がありました。
こんな人も通らない寂しい場所に病院があったんだなぁ。
だから廃墟になっているのかしらん?
a0144743_21505847.jpg

などと考えながら ぐるっと回ってみるとすこし異様な雰囲気の病院でした。
窓には全て頑丈な鉄格子がついていました。
a0144743_2151422.jpg

まるで病人が逃げ出さない様に閉じ込めているみたいで、ちょっとホラーな雰囲気でした。
まあ、実際にはそんなことは無いんでしょうけどね。
「廃病院」なんて存在自体、ホラー映画でしか見たことなかったです(^^;)
a0144743_21511218.jpg

空は冬特有のくもりぞら。 スズメの群れがいました。
a0144743_2151246.jpg

用水路をたどって行くと池がありました。
a0144743_21513273.jpg

魚釣り台が沢山設置してありました。
今は水門が閉じていて水がほとんど入っておりませんが、きっと春にはフナや小魚が沢山入ってくるんでしょうね。
春になったらここでフナ釣りをしてみようと思いました。
子供のころに良くやりましたが、フナ釣りやザリガニ釣りは格別の楽しさがありますね。
食べられる獲物でもないのに不思議ですね。 暖かくなるのが楽しみになりました。
a0144743_21513924.jpg

道幅1mくらいの細い路地沿いに家が並びます。
家の近くにこんな集落があることも知りませんでした。
今回のポタは非常に個人的ですが、小さな発見が沢山あって面白かったです。
a0144743_21514613.jpg

小腹が空いたのでたこ焼きを食べたりしながら帰りました。
a0144743_21515273.jpg

リア15T化したブロンプトンは楽しく散歩するのにちょうど良い感じでした。
簡単に折りたためてしっかりと使える実用車。本当にすばらしいです。
しかし、距離を乗る自転車ではないと改めて思いました。
立位の乗車姿勢と小径車特有のエアボリュームのなさからくるダイレクトな振動ですぐに疲れてしまいます。
長くても20km以内のポタに使いたい自転車だと思いました。
a0144743_21515858.jpg

[PR]
by wu-tarou | 2011-01-03 22:30 | ブロンプトン M3L-X | Comments(2)

バイシクルショップM&M イズ グレイト!!

ブロンプトンも放置自転車軍団の仲間入り寸前・・・でしたが、なんと!!
a0144743_22471435.jpg

わざわざ送ってきて下さいました。
「用意してたんですが、渡すの忘れてました」ですって。
どんだけええ人やねん?みたいな? 
いや~もう感激です。
ミヤタさんありがとう~(^^)/

で、面倒臭くならないうちに・・・
a0144743_22494977.jpg

取り付け完了。 う~ん?軽くなったかな? 
4日開くと感覚が分からんくなってしまいました。
きっと軽くなってるってことで(^^;)

ミヤタさん、それから私の電話番号を知らないミヤタさんと連絡をとって報せてくださった加茂屋さん。
今回はお世話になりました。(あ、「も」かな?)
また遊びに行きましょうね。
[PR]
by wu-tarou | 2010-12-29 22:56 | ブロンプトン M3L-X | Comments(2)

タイヤ交換

自分の持っている自転車は全て仏式バルブなのに、ブロンプトンだけ米式です。
空気入れの口金が仏式しか持っていないので、ブロンプトンも仏式に変更することにしました。
豊中のM&Mさんにて仏式バルブのチューブを取り寄せて頂きました。
a0144743_1204413.jpg

夕方電話したのですが、翌々日にはOKとのことでしたので、とても有難いですね。
ついでに15Tのスプロケットもお願いしました。(右は13T)
あまり見えるパーツではありませんが、ピカピカ光っていいですね。光り物パーツは大好きです。(^^)
a0144743_1223092.jpg

先日日吉ダム近辺を散策した際に「もう少し軽いギアがあればなぁ」と思った為です。
15Tにするとトップ側が貧弱になりますが、軽い方に振って置こうかと。
下りの際は脚を止めて「ジ~」(←ハブの音)っと下ればいいかな。
「こんな軽いギア比じゃやってらんないぜ!!」くらいの脚力になれればいいのですが、王滝への出場を止めて以来、デブ、いやいや貫禄がついてきましたので仕方ありません。 ま、ある意味「慣性パワー」増大中です。 重力を味方に~みたいな(^o^)

ブロンプトンて、めちゃくちゃタイヤ交換が面倒な自転車なのですね。
ママ自転車ほどでもありませんが、なんとか後輪を外してタイヤ(チューブ)を交換。
タイヤを外してみるとリムテープがこんな状態でした。
a0144743_12105556.jpg

ブロンプトンの組み立ての人も時間がないのは分かりますが、もう少し丁寧な仕事をして欲しいものですね。
小径車用のリムテープがなかったので、M&Mさんに教えてもらった「コーナン」の200円リムテープを貼って無事チューブ交換が終了しました。
リムテープを自分で貼ってみると以外と難しいことが分かりました。
ブロのリムは真ん中だけがボコっとへこんでいる為に、どうしても右か左の片側にリムテープが寄ってしまいます。
私は真ん中に寄せましたが、タイヤとチューブを入れて空気を入れると案外片側に寄ってしまっているかも知れませんね。
まあ、面倒なのでパンクするまで放っときますが。  って組み立ての人と一緒やん。(^^;)
a0144743_12153993.jpg

結構 高圧のエアを入れるので、米式の穴の部分が心配ですが、
チューブのバルブ周りは硬いパーツで出来ていたので大丈夫かなぁ?・・・多分(^^;)

で、無事タイヤもスプロケットも交換して、後輪を取り付けて、チェーンをつなごうと・・・
あれ? あ、そうか!!
チェーンが2コマ分足りない・・・・(--;)

完全に忘れてました。
チェーンなんて家に何本でもあるわ!!
と思いましたが、ブロは太いチェーンでしたね。
興に乗ってた作業もここで中断。
よくあるパターンですが、このまま我が家にいっぱいある(^^;)放置自転車軍団の仲間入りか・・・(笑)
a0144743_12281188.jpg

・・・とそこに神のお導きが・・・
[PR]
by wu-tarou | 2010-12-29 12:28 | ブロンプトン M3L-X | Comments(2)