チニングで初キャッチ

大潮だったので出撃。
シーバスを狙っていてチヌが釣れることはよくあるが、チヌを狙って(チニングで)釣れたことは一度もない。
というよりそもそもチヌをルアーで狙ったことがなかったから当然か(^^;)
エサで釣ると確実に釣れるのでルアーを使う気になれなかったのだ。

昨日ももちろんシーバス狙いの釣行だったが、投げても投げても釣れないもんで
スケベ心でチニングをやってみた。
前打ちでカニを動かすような感覚でエビっぽくアクションをつけているとゴンときた。
a0144743_12285655.jpg
合せると上手く乗った。
42cmのチヌだった。

その後アタリは来るも、合わせても乗らない。
結構頻繁にアタリがくるので「もしかして時合い?」と気づき急いでシーバス狙いに変更。


2投目でまるでゾウキンでもかかったように重くなった。
ヒットの感覚もなかったが巻いてみると魚の手ごたえ。
というよりかなり重い。
重いけれどポンピングでかんたんに寄ってきたが、近くまでくると急に走り出した。
楽に寄って来たのに、すごい勢いでドラグが引っぱりだされた。
跳ねもせず、タタキもせず、ただひたすら重く、グイグイひっぱるだけなので、例のアイツかそれともエイか?
と思ったらデカいシーバスのスレ掛りだった(^^;)

a0144743_12291226.jpg
だれかに釣られたのか、片目にキズが付き白くなっていて相当弱っていた。
ヨタヨタと泳いでいたら私のルアーに引っかかってしまったのだろう。
測ってみると75cmほどあった。
陸に上げず水中でフックを外したがしばらく泳げず浮いていた。
最終的には泳いで行ったが、回復はしないだろう。
かわいそうなことをした。
が、いわゆるスポーツフィッシングとはこういうものだ。
用もないのに魚を釣り上げるのだから残酷な遊びではある。

その後シーバスを狙い続けたが、釣れたのはキビレのみ。

a0144743_12292346.jpg
根掛かりでラインブレイクしたのを機に納竿とした。
結構満足した気分で帰ったが、よく考えてみると結局釣れたのはキビレとチヌだけだった。






.













[PR]
by wu-tarou | 2017-06-23 12:44 | フィッシング | Comments(0)
<< まじめに狙ってみる エイ >>